橿原神宮で気持ちを引き締める・・・案外と知られていなくて勿体ない!

いつもは「天誅組」の歴史探訪で同行させていただいている藤田先輩と、時間がないなかで気分転換もあり割と近いということで、懐かしい(=学生時代に大会会場として一度きり:しかも体育館のみ)橿原神宮へ参拝に。

 

 

●橿原市は奈良県の真ん中あたりに位置し、一時県庁移転の話も出たほど神宮を核とした市街の概要はは何とも雰囲気がある。まさに神域の薫りがする雰囲気である。

 

●橿原神宮は、明治23(1890)年に建立されているが、なんと神武天皇(初代)を祭神として畝山のふもとに鎮座している。神武天皇を奉っているとは、日本会議会員としては失格なレベルだ。ゆえに神域としての佇まいは何とも言えない風格と歴史の重みが伝わる。

 

画像にはないが、橿原神宮へ向かう街道は片道3車線の両サイドの並木が整備されて厳かな景観で本宮へ向かう。

駐車場からは左右に配置されたたくさんの数の灯篭の参道を見ながら玉砂利をじっくり踏みしめて本殿への参拝に向かった。

 

●五月晴れのこの日は、画像で見ると参拝者が少ないように見えるが、たまたま人の動きを避けて撮影したためで、ずいぶんとにぎわっていたが外国人が少ないせいか、厳粛で静寂の空間であった。

 

●実は2組ほど神前結婚式が挙行されていて、晴天でまぶしいく、列席者も暑くて大変だったかと思いながら記念写真の様子を眺めていた次第。よき門出に良き人生を過ごせますようにと祈念するばかりである。

 

●奈良県では春日大社と並んで、初詣客の多い神社だとか・・・さもありなん。ロケーションの良さに和風建築様式がマッチした、厳粛な神社として風雅さを醸し出している。

 

素人丸出しな感想で恐縮だが、40年ぶりの橿原神宮は日本人の心に染み入る神社ですね。合掌

 

 

  • 2019.11.13 Wednesday
  • 16:55
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • pookmark
スポンサーサイト
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
LINK
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.