シ秬鏘茵Ф綵の城巡り・・・佐土原城、佐伯城、延岡城、鹿児島城のそれぞれ。

❶佐土原城・・・宮崎県宮崎市佐土原町にあった明治まで続いた、佐土原島津家の城。

 県庁所在地:宮崎市郊外に位置しながら、石高3万石の小藩。しかも日向の国で島津家?という不思議さ。

  さても城跡にしっかりとした歴史資料館が整備されており、見学するとそれはそれで味わい深い歴史を物語っている。戦国末期までは伊東氏の勢力が広く及び48もの砦を有し、佐土原はその中心地として栄えた。しかし島津家との戦いに敗れ離散、九州征伐における秀吉軍への軍功で、伊東氏は飫肥へ。関ヶ原の戦い以後、島津家一族として佐土原藩を立てる。つまり飫肥城と佐土原城は世が世なら、逆転していたということである。

 城域は資料館背後に隆起した河岸段丘的な山麓が該当する。わずかに痕跡を残すようだが、一般には資料館止まり。ただ伊達に続・百名城指定ではないことは思い知った。

 

❷佐伯城・・・現存するのは平地の城館:本丸御殿などがあったとされる大手門口を守る櫓門のみ。背後の山に山城を控えているが、万が一という備えにしかない。佐伯藩は歴史的には深い地域だが、江戸時代は2万石という小藩で、隣接する岡藩6万6千石に比べると見劣りがしそうではある。しかし現地に佇むと、ひなびた城下町には思えぬ城館周辺や歴史の名残に品格が感じられる。

往時を思うと山麓の多門塀や櫓が遠望でき、また手前の御殿や馬場が幾本もあり、さらに神社仏閣を防御の構えとしたレイアウトは、さぞかし秀麗だったように感じる。佇まいの美しさを醸している不思議さがある。

資料館も市規模以上に立派なもので、わが観音寺市にはない素晴らしい品性と内容の展示がある。日田から入封されてきた毛利家が明治まで領有した城下町、また明治後の西南の役では佐伯でも西郷軍と政府軍との激闘の歴史が残る。

 

❸延岡城・・・戦国期までは大友氏や島津氏などが割拠して、陣取り合戦の地とされるほど歴史の古い町。本格的には秀吉の九州征伐の流れで、功績により高橋氏が5万3千石で入封。以後、城下を整備しながら、有馬氏、三浦氏、牧野氏と目まぐるしく藩主や石高も変わり、内藤氏が150数年統治し明治を迎えている。縄張りも広く一山を丸ごと城域にしている感もあるが、むしろ戦いの城ではなく政治の中心地としての城づくりを各藩主はめざし、あまり戦略的な城には感じられない。目立つ特徴は、二の丸から本丸へ至る高さ19メートルに及ぶ石垣である。特に礎石部分の膨らみが目立ち、この礎石を外すと一気に石垣が崩れて1000人の攻め手を殺すという仕掛けになっていると伝わる。確かに高石垣の城は多いが、こうして礎石部分が異様に膨れた構造は珍しい。

 西南の役でも西郷軍の攻撃を受けているが、広大な縄張りも威容を示すのではなく親しみを感じさせる雰囲気がある。幕末、子弟・女子教育に力を入れた“知の藩政”を示す穏やかな城跡である。

 

 

➍鹿児島城・・・いうまでもなく歴史的にも有名な島津家の拠点。太平記の時代から明治まで無事に一族が係累を残せた数少ない大名家が島津氏だ。“島津に暗君なし”ともいわれるが、まさに鹿児島城は城とはどうあるのか?を示すユニークな事例かと思う。ちょうど武田信玄の躑躅ヶ館の考えと同じかとも。大手門を構えて、後は城館のみ。決戦は背後の山にある砦のみ。城は人・・・の名言通り、鹿児島城もそうした人が支えている城である。

  ちょうど2020年完成を目指して、御楼門(=大手門)と、御隅櫓と多門櫓など、江戸末期の姿へと復元が進んでいる。また明治百年を記念して御殿跡に建築された県の歴史資料館=黎明館も見ごたえがある。日本のようであり南洋的な島嶼部を広く領有した薩摩藩ならではの展示や雰囲気である。島嶼部や沖縄は、経済困窮する薩摩藩の圧政のもと、搾取や厳しい年貢で苦汁を飲まされて所ではある。島津家の華々しい政治や戦の舞台にのみ目を奪われてはなるまい。

  秀吉に屈し滅亡した北条家は、二公八民、三公七民という農民を考えた善政で支持されていた。早雲の家訓を滅亡まで5代にわたり厳守した政治もまた歴史に埋もれないようにしないと。織田氏によって滅んだ浅井氏も二公八民的な税制を敷き、領民から差し入れが来るほどの慕われ方だったとも伝わる。

  • 2019.08.16 Friday
  • 10:16
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • pookmark
スポンサーサイト
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
LINK
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.