城巡りマニアにはたまらない=新宮城・・・なぜ話題にならなかったのか?

●紀州藩家老の城「新宮城」って、なぜ、もっと早く注目されなかったのか?

 

今、城巡りブームと言われる・・・最初に「百名城巡り」本が出て(=都道府県の均衡を思んばかって、認定は微妙だが)、さらに「続・百名城」本も出てきて、そこそこマニアの私も、現地で案外と人が多いのに驚く次第。

さてそういう中で、以前より知ってはいたが、従来の城読本では詳細が記載されいなくて、情報不足に反省ばかりである。耳年寄りになっていたので今回は大いに反省せさせられた。

 

 

 

 

1:築城は戦国末期、ここには築城する理由があった。

秀吉により紀州を拝領した浅野幸長が入領し両国運営のために新宮城を築城。ここに城地を定めた理由もあとで知ると納得。あの不老不死の薬を求めて日本へ渡り、各地に伝説を残した「徐福」が日本に初上陸したのが新宮市だという。また熊野三山(=権現)巡りの1つ=速玉大社も鎮座している。かなり古くから人が集まり、にぎわう営みがあったというわけだ。この2つの歴史的遺産が背景ならむべからぬと知る次第。さらに新宮城が「続・百名城の認定」によって、この町の注目度が上がる。

 

 

 

2:浅野氏が築城、しかしなぜ必要だったのか?

地理的にはかなり紀伊半島の南部、ほっておいてもよかったのでは?という立地。しかし歴史に詳しい人は、信長、秀吉が紀州全域を手中に収める苦労は大変だったことは存じよりかと。領知を好まない自主独立心が強い土地柄なのか抵抗はかなり強かった。故に浅野家は支城として配置する必要があったのだろうが、縄張りは大変優れたものであり、続・百名城にふさわしい。これに徳川時代の紀州藩立藩による付家老:水野重仲が初代城主として、さらに強固なものとして城下町形成とあわせて、明治まで続く。

 

 

 

 

3:熊野川を背景に独立した小山を縄張りにし、ひな壇状の総石垣づくりである。

小ぶりではあるが自然地形を生かして、ひな壇状にした総石垣づくりである。熊野川を背景に船着き櫓や監視所を置き、町割りが見渡せるよう小山全体を縄張りに。近世の城であるので、石垣は切込ハギ、算木積みが多くみられ堅牢さは一目瞭然である。結局、戦を経験してはいないが、攻めあぐねることは間違いない。熊野川にかかる大きな鉄橋を渡ろうとすると左手に見えるが、その姿は天守閣や櫓が残っていれば、さぞや秀麗であったかと。

 

 

 

 

 

4:復元に力を入れているので、貴重な写真があれば1500万円=懸賞金が出ている!

さすがに明治直ぐには写真館もそうそう全国にはできていないので、江戸末期の姿を残す写真はないだろうが。城に入る手前の駐車場に写真募集の懸賞金看板が。ジオラマによると秀麗な姿を示している。ぜひ、復元がかなうとよいお城だなぁと・・・今頃気が付いたのかい!とお叱りいただく城であった。ありがたい熊野3社巡りのついでといっては失礼極まりないが、名城です、ぜひ一度訪ねてみてほしい!!

  • 2019.08.16 Friday
  • 10:28
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • pookmark
スポンサーサイト
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
LINK
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.