信州の名城巡り-龍岡城五稜郭-

全国の各県に配慮した名城指定は、好評と歴史好きの増加もあって「百名城スタンプ」ラリーが、さらに「続・百名城スタンプ」ラリーまで始まった。

そういう流れで特筆されるのが、長野県である。今回はある事情=慣らし運転という事で、信州の城巡りとなった。

 

龍岡城五稜郭。

 

旧藩江戸末期、大給松平氏統治下の龍岡の地に洋式城塞が気づかれたのが、この龍岡五稜郭である。函館の五稜郭は実戦の歴史や規模もあり、かの地しか認知がないが、どっこい信州の鄙びたこの地にも築かれたのである。

 

元より陣屋大名だったため、予算も時間も確保できず、堀が狭く周辺も半分くらい未整備のまま明治を迎えた。つまり実戦はなかったという事である。

またこの地でなぜ洋式要塞が必要だったかはなんとも理解しがたい。途上の施設だったため、維新後は学校用地として活用を許されたことが、今の遺跡保存へとつながった。

しかしマニアには見るべき点も多く、この点では全国に2つしかない五稜郭の1つとして訪ねてほしいところである。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2018.12.21 Friday
  • 10:27
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • pookmark
スポンサーサイト
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
LINK
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.