『スマホの功罪』

先日、レポートの書き方教室で、こんなタイトルのレポートを書いたせいか、スマートフォンを紛失するという事態に遭遇しました。

紛失期間は24時間だったのですが、浦和への旅行中だったため、東京駅で待ち合わせていた友人との連絡も取れず、紛失したことを誰かに知らせることも出来ず。
浦和に着いて、iPadを借り、「iPhoneを探す」で追跡しながら、どんな「悪用」が考えられるのか、アップルに問い合わせ、携帯会社に問い合わせ、カード会社に連絡をし、、、

結局、24時間後「東京駅お忘れ物承り所」で、きれいな状態で受け取れたわけですが、せっかくの "浦和まちめぐりの旅" が、"iPhone紛失体験の旅" になってしまいました。

『スマホの功罪』について、思うところは山のようにあり、『罪』の方がはるかに大きいと感じる部分もあります。
が、何とも便利なスマートフォン。もっともっと進化して身体の一部になれば理想的です。

ちなみに紛失の場合、携帯会社の保証パックはほぼ効かず、端末を現金で再購入。クレジットカードのストップは、利用停止=再発行でカード番号が変わってしまうため、あっちもこっちも登録し直さなくてはいけません。とにかく面倒で厄介です。


そして『写ルンです』。
久しぶりに使いました。



「1ヶ所2枚まで」と決め、慎重に撮影しましたが、浦和のまちがどう撮れているのか、、、

早いとこ、写真屋さんに持って行こう。

  • 2017.08.16 Wednesday
  • 11:45
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • pookmark
スポンサーサイト
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
LINK
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.