締めくくりの新メニュー
4月29日から始まった「かがわ・山なみ芸術祭 綾川町エリア」の展覧会が、昨日無事終了しました。

私は今回『食』でグループ出展していたので、クロージングイベントでは「讃岐缶詰のisokichiジャムでつくるカラフル白玉フルーツポンチ」をみなさまに振る舞うことにしました。ヒントはこちらの「さぬきかんづめ公式キッチン」の「簡単カラフル白玉 」から。




名前はiPch(アイパンチ)。

ジャンクiPodみたいですが「讃岐缶詰のisokichiジャムでつくるカラフル白玉フルーツポンチ」案を話したら、知り合いからこんなものが送られてきたのでそのままシールに採用してあげました。


そしてぶっつけ本番のiPch。

モノカフェの夏メニューに加えてもよいかな、と思える、さわやかな締めに相応しい一品となりました。大成功。


展覧会は、現在開催中の大野原町エリアが今月29日まで。夏はお休みして、秋にまんのう町、塩江町、財田町と続きます。

かがわ・山なみ芸術祭は、エリア毎にキュレーターと地元の人たちでつくる実施委員会を置き、実行委員会はそこにそっと手を添えるだけ、というやり方を目指しています。まだうまく回っているとは言えませんが、2エリアが開催された今の段階でも、受け入れ方や取り組み方に違いがあり、それが作品展示にも現れているように感じます。

ただ作品を見るだけではなく、そういう視点で5つのエリアを見比べる鑑賞の仕方もおもしろいのではないかと思います。


 
  • 2017.05.15 Monday
  • 23:19
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • pookmark
スポンサーサイト
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
MOBILE
qrcode
PROFILE
LINK
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.